【臨床検査値】電解質のナトリウム(Na)とカリウム(K)ってどんな検査値?

  • URLをコピーしました!
フク太郎

ナトリウム(Na)とカリウム(K)ってどんな検査値なんだろう?

  • 臨床検査値のことを学びたい
  • ナトリウム(Na)について知りたい
  • カリウム(K)について知りたい

この記事はこういった悩みをもった方向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、電解質の検査値であるナトリウム(Na)とカリウム(K)についてまとめていきます!

目次

【臨床検査値】電解質のナトリウム(Na)とカリウム(K)ってどんな検査値?

【臨床検査値】電解質のナトリウム(Na)とカリウム(K)ってどんな検査値?

ナトリウム(Na)とは?

ナトリウム(Na)は、細胞外液主要な陽イオンで、血清の浸透圧調整に関わります。

体内のNa量は、摂取量と腎臓からの排出量によりコントロールされています。

また、尿中Na量は、食塩(NaCl)の摂取量に依存し、大体1日に4~8gといわれています。

ナトリウム(Na)血清Na値(mEq/L)
低Na血症135(mEq/L)未満
Naの基準値138~145(mEq/L)
高Na血症145(mEq/L)以上
mEq/L:電解質の濃度を表す単位

高Na血症とは?

高Na血症とは、血中Na濃度が上昇する電解質代謝異常症で、血中Na濃度が145(mEq/L)以上とされています。原因としては、水が不足している場合Naが過剰な場合などがあります。

原因特徴
水喪失型(水分が不足している場合)水分摂取不足尿崩症などによる水の排泄増加が原因で起こる。
Na過剰型摂取するNaの増加やNa排泄の低下が原因で起こる。

※日本人は、Na摂取量は諸外国に比べて多く、高血圧を主とする生活習慣病が問題となっています。

低Na血症とは?

低Na血症とは、何らかの原因によって水とNaの調節機能が正常に働かず、血中Na濃度が低下する電解質代謝異常症です。

原因としては、水が過剰な場合とNaが不足している場合などがあります。

原因特徴
水過剰型
(希釈性低Na血症)
心因性多飲低張輸液の投与過多などにより、水分が過剰に入ってくる場合や抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)による水の排泄低下などで起こる。
Na喪失型
(細胞外液不足型)
摂取するNaの低下やNa排泄の過剰などが原因で起こる。
水過剰>Na過剰
(細胞外液過剰型)
水・Naの両方が過剰となる場合もあります。
細胞外液の増加は、心不全や腎不全、ネフローゼ症候群、肝硬変などが原因で起こる。

※水過剰型の低Na血症は高頻度でみられ、利尿薬などの薬剤性の可能性などを考えます。

カリウム(K)とは?

カリウム(K)は、細胞内液主要な陽イオンで、血清K濃度は、心臓や筋肉、神経の機能の働きに関与しています。

血清K濃度は、細胞内外でのKの移動尿中排泄により、調整されています。

カリウム(K)血清K値(mEq/L)
低K血症3.5(mEq/L)未満
Kの基準値3.6~4.8(mEq/L)
高K血症5.5(mEq/L)以上
mEq/L:電解質の濃度を表す単位

低K血症とは?

低K血症とは、何らかの原因によって血清K濃度が3.5(mEq/L)未満となった状態のことで、カリウム欠乏の主な症状は、脱力感筋力低下食欲不振骨格筋の麻痺などがあります。

低K血症重症度
3.0~3.5 (mEq/L)軽度(必ずしも治療が必要とは限らない)
2.5~2.9 (mEq/L)重症(入院が必要な場合もある)

※通常の食生活であれば、基礎疾患などのない人がK不足になる可能性はほとんどないと考えられています。

低K血症の原因

原因内容
①腎からのK排泄増加原発性アルドステロン症、クッシング症候群、利尿薬などの薬剤性 など
②腸管からのK喪失の増加下痢や嘔吐 など
③Kが細胞内へ移動代謝性アルカローシス(*1)、インスリンなどの薬剤性 など
④Kの摂取低下カリウムは、藻類、果実類、いも及びでん粉類、豆類、肉類、魚介類、野菜類などの生鮮食品に多く含まれ、これらの摂取不足によるもの。(*2)

(*1):呼吸以外の原因で体がアルカリ性に傾きすぎてしまった状態

【(*2):目標量】
男性(18歳以上):2,500(mg/day)
女性(18歳以上):2,000(mg/day)

目標量とは、生活習慣病の予防を目的とした1日当たりの摂取量のこと。

高K血症とは?

高K血症とは、何らかの原因によって血清カリウム濃度が5.5(mEq/L)以上となった状態で、高カリウム血症になると、筋収縮が調節できなくなり、四肢のしびれ、心電図異常などの症状が現れ、重篤な場合は心停止を起こすこともあります。

高K血症の原因内容
①Kの細胞内からの移動代謝性アシドーシス(*3)、ジギタリス製剤β遮断薬などの薬剤性、溶血性疾患、悪性腫瘍の壊死 など
②腎臓からの排泄障害急性・慢性腎不全、アジソン病、低アルドステロン症、ACE阻害薬ARBなどの薬剤性 など
③Kの負荷増加Kの過剰投与、輸血 など
④Kの摂取増加カリウムのサプリメントなどの過剰摂取 など
(※通常食事による過剰摂取はほとんど起こりません)

近年、カリウムが「血圧低下」や「脳卒中予防」「骨粗鬆症予防」につながることが報告されています。

Point

①日本人のNa摂取量は諸外国に比べて多い.(高血圧や癌などの原因)

ナトリウムは、しょうゆみそなどの食塩(塩化ナトリウム)を含む調味料に多く含まれています。
<対策例>
✅具だくさんのみそ汁にする
✅ラーメンやうどんなどを食べるときは、汁を半分残す など

②通常の食生活であれば、K不足になる可能性は、ほとんどないと考えられている

最後に

今回は、電解質の検査値であるナトリウム(Na)とカリウム(K)についてまとめていきました。

あおい

他の臨床検査値について知りたい方はこちらで紹介しています♪

» 臨床検査値を学ぶ

より詳しく検査値のことを学びたい方は下記の書籍がわかりやすくてオススメです♪

»薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 臨床検査専門医×薬剤師の視点
【臨床検査値】電解質のナトリウム(Na)とカリウム(K)ってどんな検査値?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次