【臨床検査値】基準値ってどういう意味?

  • URLをコピーしました!
フク太郎

臨床検査値の基準値ってなんだろう?

  • 臨床検査値のことを学びたい
  • 基準値の意味を知りたい

この記事はこういった悩みをもった方向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、臨床検査値の基準値についてまとめていきます!

目次

【臨床検査値】基準値ってどういう意味?

臨床検査の種類

①検体検査(血液や尿などから分析する検査)

②生理機能検査(心電図や脳波など)

③病理検査(組織・細胞などを顕微鏡で観察)

③画像検査(放射線療検査や超音波検査など)

など

基準値について

基準値とは
一定の条件を満たす健常者を集めて検査を行い、その値が平均値を含む95%の範囲をいい、多くの人がこの値をとるため、検査値を判断する「ものさし」としての役割があります。

臨床検査値の基準値

検査値の変動

検査値は病気の状態など、様々な要因により変動し、個人間変動個人内変動などがあげられます。

個人間変動
年齢、性別や生活習慣など
例:男性<女性(HDLコレステロール)

Point

①基準値とは、95%の健常者がおさまる検査値の範囲

→検査値を判断する「ものさし」としての役割がある

②基準値は、個人間変動個人内変動などによって変動する

年齢性別食事の有無なども重要な情報となる

最後に

今回は、臨床検査値の基準値をまとめていきました。

あおい

他の臨床検査値について知りたい方はこちらで紹介しています♪

» 臨床検査値を学ぶ

より詳しく検査値のことを学びたい方は下記の書籍がわかりやすくてオススメです♪

»薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 臨床検査専門医×薬剤師の視点
臨床検査値について

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次