【臨床検査値】コリンエステラーゼ(Che)ってどんな検査値?

  • URLをコピーしました!
フク太郎

コリンエステラーゼ(Che)ってどんな検査値なんだろう?

  • 臨床検査値のことを学びたい
  • コリンエステラーゼ(Che)について知りたい

この記事はこういった悩みをもった方向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、臨床検査値のコリンエステラーゼ(Che)についてまとめていきます!

目次

【臨床検査値】コリンエステラーゼ(Che)ってどんな検査値?

【臨床検査値】コリンエステラーゼ(Che)ってどんな検査値?

コリンエステラーゼ(Che)とは?

コリンエステラーゼ(Che)とは?
コリンエステラーゼ(Che)は、肝臓で合成される酵素で、肝臓での合成能が低下すると測定値は低くなります。
そのため、肝臓のタンパク合成能力(予備機能)を反映します。

【Cheの基準値】
男性:240~486(U/L)
女性:201~421(U/L)

U (ユニット) とは,酵素活性量の単位で、至適条件で酵素が1分間 1μmol の基質を変換することができる酵素の量が「 1 Uと定義されています。

肝臓ってどんな臓器?

あおい

肝臓には、主に3つの働きがあります!

肝臓ってどんな臓器?

蛋白の合成
ヒトの体はタンパク質から作られています。タンパク質は、食物として体内に入り、アミノ酸に分解され、吸収されます。吸収されたアミノ酸は、肝臓に集められ、私たちのからだに合ったタンパク質に作りなおされています。

栄養の貯蔵
私たちが食事で取った炭水化物は、ブドウ糖(グルコース)として小腸から吸収され、肝臓に運び込まれます。肝臓ではブドウ糖を集めてグリコーゲンの形で貯えられ、必要に応じてグリコーゲンを分解して栄養を送り出します。

Cheと疑われる疾患

コリンエステラーゼ(Che)が低値の場合は、肝臓のタンパク合成能が低下していることを表しています。

肝疾患肝疾患以外
高値脂肪肝(非アルコール性)ネフローゼ症候群、糖尿病、甲状腺機能亢進症、本態性家族性高Che血漿
低値肝硬変低栄養
極低値遺伝性Che欠損症、有機リン中毒

Cheが低い場合は…?
肝疾患栄養不足有機リン中毒(農薬)などを疑います。

Cheと病例

Cheと一緒にアルブミンも低下している場合
→肝硬変などの「慢性の肝臓病」が考えられる

あおい

血清アルブミン(Alb)についてはこちらでまとめています。

肝疾患以外で著しくCheが低下している場合
→農薬などによる「有機リン中毒」などが考えられる
※有機リンがCheを不活性化させるため、ゼロに近いくなるほど低値を示します。

Cheが上昇している場合
栄養過多タンパク質や脂質代謝の亢進を示す
※Cheの上昇は、肝臓でのタンパク質合成能の亢進を示す。
【疑われる疾患例】
・過栄養性脂肪肝
・糖尿病
・ネフローゼ症候群
・甲状腺機能亢進症

最後に

今回は、臨床検査値のコリンエステラーゼ(Che)についてまとめていきました。

あおい

他の臨床検査値について知りたい方はこちらで紹介しています♪

» 臨床検査値を学ぶ

より詳しく検査値のことを学びたい方は下記の書籍がわかりやすくてオススメです♪

»薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 臨床検査専門医×薬剤師の視点
【臨床検査値】コリンエステラーゼ(Che)ってどんな検査値?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次