【臨床検査値】血清アルブミン(Alb)ってどんな検査値?

  • URLをコピーしました!
フク太郎

血清アルブミン(Alb)ってどんな検査値なんだろう?

  • 臨床検査値のことを学びたい
  • 血清アルブミン(Alb)について知りたい

この記事はこういった悩みをもった方向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、臨床検査値の血清アルブミン(Alb)についてまとめていきます!

目次

【臨床検査値】血清アルブミン(Alb)ってどんな検査値?

【臨床検査値】血清アルブミン(Alb)ってどんな検査値?

血清アルブミン(Alb)とは?

血清アルブミン(Alb)は、肝臓で合成される血液中のタンパク質の一種で、血清総蛋白質(TP)の60~70%を占めるとされています。アルブミンは、血液中で「酸性薬物」と結合し運搬する役割もあります。
酸性薬物の例:ワルファリン・ジアゼパム・ジゴキシン など

血清総蛋白質(TP)の内訳

【Albの基準値】
4.1~5.1(g/dL)

【低栄養状態】
3.5(g/dL) 以下
※Albは、「栄養状態の指標」としても用いられます。

A/G比について

血清総蛋白質(TP)が基準範囲を示していても、Albが減少し、グロブリンが増加するような場合もあり、アルブミン/グロブリン比(A/G比)も確認する必要があります。

A/G比の低下要因概略図具体例
アルブミン(A)減少による低値AG比①肝炎・肝硬変などの肝疾患、ネフローゼ症候群、糖尿病、栄養不良など
グロブリン(G)増加による低値AG比②多発性骨髄腫、悪性腫瘍、慢性炎症性疾患、感染症、自己免疫疾患、マクログロブリン血症など

【A/G比の基準値】
1.32~2.23

Albと浮腫み(むくみ)の関係

むくみ」は、「浮腫(ふしゅ)」とも呼ばれ、何らかの原因によって、皮下組織に水分が溜まり、体表面が腫れたような状態です。

むくみの原因の1つとして、「Albの低下」があげられます。

通常、血液中のAlb濃度は「血管内」と「細胞側」の水分量(浸透圧)により一定に保たれています。

Albと浮腫の関係①

血漿中のAlbが低下すると、「血管内」のAlb濃度が低下します。

Albと浮腫の関係②

元の濃度に戻ろうと、水分が「細胞側」へ移動し、皮下組織に水分がたまります。

Point

①血清アルブミン(Alb)は、肝臓で合成される血液中のタンパク質の一種

②血清アルブミン(Alb)は、「栄養状態」「肝機能(タンパク合成能)」「腎機能(タンパク尿)」などを反映する検査値

→アルブミン/グロブリン比(A/G比)も確認する必要があります。

最後に

今回は、臨床検査値のコリンエステラーゼ(Che)についてまとめていきました。

あおい

他の臨床検査値について知りたい方はこちらで紹介しています♪

» 臨床検査値を学ぶ

より詳しく検査値のことを学びたい方は下記の書籍がわかりやすくてオススメです♪

»薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 臨床検査専門医×薬剤師の視点
【臨床検査値】血清アルブミン(Alb)ってどんな検査値?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次