【薬剤師国家試験】合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

  • URLをコピーしました!
薬学生

合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬が覚えられない…

  • 暗記が苦手で中々覚えられない
  • 薬理で使えるゴロを知りたい
  • 合成麻薬性鎮痛薬の覚え方が知りたい
  • 非麻薬性鎮咳薬の覚え方が知りたい

この記事はこういった悩みをもった薬学生向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、薬理の範囲で使える合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロを紹介します!

私が当時実際に使っていたものを厳選してご紹介していきます!

私がおすすめする勉強方法はこちらでご紹介していますので、参考にしてみてください♪

目次

【薬剤師国家試験】合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

【薬剤師国家試験】合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

合成麻薬性鎮痛薬のゴロ

ゴロ

ゴウさんは、変人めさドン 引き、ペチッとたたく♪

合成麻薬性鎮痛薬のゴロ
合成麻薬性鎮痛薬の種類一般名特徴
・アブストラル舌下錠
・イーフェンバッカル錠
・デュロテップMTパッチ
・フェントステープ
・ワンデュロパッチ
フェンタニル・μ受容体刺激薬
・作用発現が速い
・モルヒネよりも強力な鎮痛作用
アルチバ静注用レミフェンタニル・選択的 μ受容体刺激薬
・超短時間作用型
メサペイン錠メサドン・NMDA受容体措抗作用を示す
・鎮痛作用はモルヒネと同程度
ペチロルファン注射液ペチジン・μ受容体刺激薬
・鎮痛作用はモルヒネより弱い
あおい

次に、非麻薬性鎮痛薬のゴロをご紹介していきます!

非麻薬性鎮痛薬のゴロ

非麻薬性鎮痛薬には、「麻薬拮抗性鎮痛薬」と「その他」に分類されます。

ゴロ

ぶっといペンでカッパをえーんと泣くまでしばく♪

非麻薬性鎮痛薬のゴロ
非麻薬性鎮痛薬の種類一般名特徴
・ノルスパンテープ
・レペタン坐剤
ブプレノルフィン麻薬拮抗性鎮痛薬
・μ受容体部分刺激薬
κ受容体拮抗作用
・鎮痛作用はモルヒネよりも強力
ブトルファノール
※現在は販売されていない
ブトルファノール麻薬拮抗性鎮痛薬
κ受容体刺激作用
ソセゴン錠・注射液
ペンタゾシン麻薬拮抗性鎮痛薬
κ受容体完全刺激薬
・μ受容体拮抗作用又は部分刺激作用
エプタゾシン
※現在は販売されていない
エプタゾシン麻薬拮抗性鎮痛薬
κ受容体刺激作用
・μ受容体遮断作用
ナロルフィン
※現在は販売されていない
ナロルフィン麻薬拮抗性鎮痛薬
κ受容体刺激作用
・ツートラム
・トアラセット(トラマドール+アセトアミノフェンの合剤)
トラマドールその他の非麻薬性鎮痛薬
・μ受容体刺激作用
・ノルアドレナリンとセロトニンの再取り込みを阻害
リリカプレガバリンその他の非麻薬性鎮痛薬
・電位依存性 Ca2+チャネルのα2δ サブユニ ットに結合
トリプタノールアミトリプチリンその他の非麻薬性鎮痛薬
・三環系抗うつ薬
サインバルタデュロキセチンその他の非麻薬性鎮痛薬
・セロトニン・ノルア ドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

まとめ

今回は、薬剤師国家試験対策として薬理で使える合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロをご紹介しました。

ゴロで覚える薬学シリーズでは、使いやすいゴロ覚え方をご紹介しています。

暗記の手助けとなれば幸いです!

あおい

薬剤師国家試験に向けて他のゴロが知りたい方はこちらで紹介しています♪

» ゴロで覚える薬学

【薬剤師国家試験】合成麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮咳薬のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次