【臨床検査値】γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)ってどんな検査値?

  • URLをコピーしました!
フク太郎

γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)ってどんな検査値なんだろう?

  • 臨床検査値のことを学びたい
  • γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)について知りたい

この記事はこういった悩みをもった方向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では、臨床検査値のアルカリホスファターゼ(ALP)についてまとめていきます!

目次

【臨床検査値】γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)ってどんな検査値?

【臨床検査値】γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)ってどんな検査値?

γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)とは?

γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)は、腎臓に最も多く存在する酵素で、血中γ-GTの大部分は、肝細胞の毛細胆管膜や胆管上皮由来であるため、肝胆道系疾患のスクリーニング検査として有用です。
腎障害時には、尿中に排泄されるため、血清γ-GTの上昇は認められません。

【γ-GTの基準値】
男性:13~64(U/L)
女性:9~32(U/L)

U (ユニット) とは,酵素活性量の単位で、至適条件で酵素が1分間 1μmol の基質を変換することができる酵素の量が「 1 U と定義されています。

γ-GTが増加すると?

γ-GT値(U/L)原因
40以下妊娠、経口避妊薬の服用 など
男性:13~64(U/L)
女性:9~32(U/L)
基準範囲
40~100急性・慢性持続性肝炎、肝硬変、脂肪肝、糖尿病 など
100~400慢性活動性肝炎、肝細胞がん、胆汁うっ滞、アルコール性肝障害 など
500以上アルコール性肝障害、胆汁うっ滞、転移性肝がん、膵がん、総胆管結石 など

γ-GTと病例

他の肝胆道系の検査値であるALPやAST、ALTなどが正常でγ-GTのみが上昇している場合
→「アルコール」や「薬物」による異常が考えられる

γ-GTに並行してALPも上昇している場合
→肝胆道系疾患による「胆汁うっ滞」や「閉塞性黄疸」の可能性が考えられる

ASTとALTの上昇に比較してγ-GTの上昇が軽度な場合
→肝細胞障害がメインの「肝炎」や「脂肪肝」などが考えられる

Point

①γ-GTは、アルコールの飲みすぎ薬の服用などの影響で異常値を示すことがある

②γ-GTの上昇だけで原因を特定するのは困難

ASTALTALPなど他の検査値と組み合わせて総合的に見る必要があります。

AST・ALTについてはこちらでまとめています。

ALPについてはこちらでまとめています。

最後に

今回は、臨床検査値のγ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)についてまとめていきました。

あおい

他の臨床検査値について知りたい方はこちらで紹介しています♪

» 臨床検査値を学ぶ

より詳しく検査値のことを学びたい方は下記の書籍がわかりやすくてオススメです♪

»薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 臨床検査専門医×薬剤師の視点
【臨床検査値】γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GT)ってどんな検査値?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次