【薬剤師国家試験】Gタンパク質共役型受容体のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

  • URLをコピーしました!
薬学生

薬剤師国家試験で使える生物のゴロが知りたい。。。

  • 暗記が苦手で中々覚えられない
  • 覚えやすいゴロが知りたい!

この記事はこういった悩みをもった薬学生向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では私が学生の頃によく使っていたゴロを紹介します!

今回は【生物・薬理】の範囲で使えるGタンパク質共役型受容体のゴロをご紹介します!

この記事の内容
  • Gタンパク質共役型受容体とは?
  • Gsタンパク質共役型受容体のゴロ
  • Gqタンパク質共役型受容体のゴロ
  • Giタンパク質共役型受容体のゴロ
  • セロトニン受容体のゴロ
  • コレラ毒素のゴロ
  • 百日咳毒素のゴロ
  • 関連問題
目次

【薬剤師国家試験】Gタンパク質共役型受容体のゴロ教えます!(ゴロで覚える薬学)

Gタンパク ゴロで覚える薬学(生物・薬理)

Gタンパク質共役型受容体(G protein-coupled receptor:GPCR)とは、細胞膜7回貫通型受容体でGタンパク質と呼ばれるGTP結合タンパク質と共役して、細胞内情報伝達機構により、リン酸化酵素の活性化などを経て生理作用を示す受容体です。

GPCRと共役するGタンパク質は、α、β、yからなる三量体であり、Gs、Gi、Gqなどがあります。

Gsタンパク質共役型受容体のゴロ

ゴロ

じぃさん べたべた エッチにあいつも グルかよ ♪

Gsタンパク質共役型受容体のゴロ
メカニズム
Gsタンパク質共役型受容体のメカニズム

主な生理作用は、

  • β2作用による血糖上昇
  • β1作用による心機能亢進
  • β2作用による平滑筋弛緩

Gqタンパク質共役型受容体のゴロ

ゴロ

アイ マイ ミー ハイ キュー アタイ タクちゃん♪

Gqタンパク質共役型受容体のゴロ
メカニズム
Gqタンパク質共役型受容体のメカニズム

主な生理作用は、

  • α1作用による血管平滑筋収縮
  • M3作用による気管支平滑筋収縮

Giタンパク質共役型受容体のゴロ

ゴロ

愛 は まだまだ がんばるべ♪

Giタンパク質共役型受容体のゴロ
メカニズム
Giタンパク質共役型受容体のメカニズム

主な生理作用は、

  • M2作用による心機能抑制
  • ADP作用による血小板凝集抑制

セロトニン受容体のゴロ

ゴロ

く さ い に よ(お) い♪

セロトニン受容体のゴロ

セロトニン受容体は、5-HT1受容体~ 5-HT7 受容体の7つの存在が知られています。

5-HT3受容体イオンチャネル内蔵型ですが、それ以外のものはGタンパク質共役受容体となっています。

国家試験では、薬のターゲットになっている受容体が出題されやすい傾向にあるので、ここでご紹介したものを押さえておけば問題ないと思います。

薬のターゲットになっているセロトニン受容体の例

リスぺリドン (リスパダール®)
セ口トニン・ドパミンアンタゴ二ス卜(SDA)と呼ばれ、5-HT2A受容体及びD2受容体遮断作用を示す。

サルポグレラー卜 (アンプラーグ®)
血管平滑筋や血小板の5-HT2受容体を遮断し、血管拡張作用と血小板凝集抑制作用を示す。

スマトリブタン(イミグラン®)
5-HT1B/1D受容体作動薬で、拡張しすぎた血管を収縮させることで片頭痛や群発頭痛に使われる。

モザプリド( ガスモチン® )
消化管内のコリン作動性神経に存在する5-HT4受容体を刺激することで、アセチルコリンの遊離を促進し、胃腸運動を促進する。

オンダンセトロン
5-HT3受容体拮抗薬で、抗がん剤による悪心・嘔吐に使われる。

などなどセロトニン受容体がターゲットになっている薬はたくさんあります。

コレラ毒素・百日咳毒素との関係は?

ADPリボシル化とは?

コレラ毒素、百日咳毒素はADPリボシルトランスフエラーゼ活性を有し、NADのADPリボシル部分を特定のアミノ酸に転移させることで毒性を発揮します。

ADPリボシル化

コレラ毒素のゴロ

ゴロ

コ レ ガ ス あ る♪

コレラ毒素のゴロ

コレラ毒素はヒトのGタンパク質(Gs)のαサブユニット(Gsα)のアルギニン残基ADPリボシル化し、宿主細胞内でアデニル酸シクラーゼを持続的に活性化することで、小腸から大量の液体を分泌させ、致死的な下痢を引き起こす。

百日咳毒素のゴロ

ゴロ

百日 愛 して ♪

百日咳毒素のゴロ

百日咳毒素はGタンパク質(Gi)のαサブユニット(Giα)のシステイン残基ADPリボシル化して毒性を発揮する。

関連問題

最後に

今回は薬剤師国家試験対策として生物・薬理の範囲で使えるGタンパク質共役型受容体のゴロを紹介致しました。

ゴロで覚える薬学シリーズでは、使いやすいゴロ覚え方をご紹介しています。

何か1つでも使えそうなゴロがありましたら幸いです。

あおい

薬剤師国家試験に向けておすすめの勉強法についてもご紹介していますのでご参考にしてみてください♪

Gタンパク ゴロで覚える薬学(生物・薬理)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次