【ゴロで覚える薬学】脂溶性ビタミン構造まで含めて覚え方を解説!

  • URLをコピーしました!
脂溶性ビタミン覚え方

今回は【生物】の範囲で使える脂溶性ビタミンのゴロ構造の覚え方をご紹介します!

薬学生

ビタミンの構造ってよく問題で見るけど全然覚えられない。。。

  • 暗記が苦手で中々覚えられない
  • 脂溶性ビタミンの構造の覚え方が知りたい
  • 覚えやすいゴロが知りたい!

この記事はこういった悩みをもった薬学生向けです。

あおい

こんにちは。 薬剤師のあおい (@yaku_medical)です!

この記事では私が学生の頃によく使っていたゴロや構造などの覚え方を紹介します!

この記事の内容
  • 脂溶性ビタミンのゴロ
  • ビタミンDの構造の覚え方
  • ビタミンAの構造の覚え方
  • ビタミンKの構造の覚え方
  • ビタミンEの構造の覚え方
  • 関連問題
目次

【ゴロで覚える薬学】脂溶性ビタミン構造まで含めて覚え方を解説!

脂溶性ビタミンのゴロ

ゴロ

脂溶性ビタミンはこれ D A K E

脂溶性ビタミンのゴロ

脂溶性ビタミンの特徴

  • 水に溶けにくく、油(有機溶媒)に溶けやすい
  • 水溶性ビタミンより蓄積されやすい→サプリメントなどによる過剰症に注意!
  • ほとんど体内で合成できないので食物より摂取する必要がある
  • 主に小腸で胆汁酸や脂質とともにミセルを形成受動拡散で吸収され、リポタンパク質によリ細胞内に運搬される
  • 基本構造はイソプレンの重合体であるテルペン
テルペンについて
テルペン
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%B3

テルペンイソプレンを構成単位とする炭化水素です。

ビタミンDの構造の覚え方

コレステロールと構造が似ているよ♪

ビタミンD

生理作用

活性型ビタミンD3はカルシウムリン酸の小腸での吸収を促進する

欠乏症:低カルシウム血症・くる病(小児)・骨軟化症(成人)

過剰症::高カルシウム血症

ビタミンAの構造の覚え方

ビタミンA(レチノール)はアルコール体なので-OHを探そう!

ビタミンA

一般に、末端の官能基がアルコール体であるレチノールがビタミンAと呼ばれる。

生理作用

①レチノールとレチナールは11-cisーレチナールとなっての感光物質として働くロドプシンの原料となる。

※ロドプシンの合成にレチノイン酸は関与していない。

レチノール
(R: -CH2OH)

ビタミンA (レチノール)

レチナール
(R:-CHO)

レチナール

レチノイン酸
(R: -COOH)

レチノイン酸
レチノイン酸

②レチノイン酸は核内受容体に結合し、タンパク質の遺伝子発現を転写レベルで調節し、下記のような働きがある。

  • 動物の成長や細胞の正常維持
  • 細胞分化誘導
  • 免疫機能に関与する

緑黄色野菜に存在するβーカロテンは、プロビタミンA(カロテノイド)の一種で、摂取後、ビタミンAに変換される。

また、レチノールの脂肪酸工ステルは、主として肝臓に蓄積される。

欠乏症:夜盲症

過剰症:催奇形性・頭蓋内圧亢進症など

ビタミンKの構造の覚え方

「K」が構造に隠れているよ♪

ビタミンK

生理作用

①血液凝固因子のブロトロンビン合成に関与

②骨形成に関与するタンパク質であるオステオカルシン合成に関与

※ビタミンKは胎盤を通過できないため、腸内細菌叢が不完全な新生児はビタミンK欠乏性出血を起こすことがある。

欠乏症:血液凝固障害

過剰症:知られていない

ビタミンEの構造の覚え方

「E」が構造に隠れているよ♪

ビタミンE

生理作用

ラジカル捕捉剤として、不飽和脂肪酸の酸化を防止する(抗酸化作用)。

欠乏症:筋萎縮、生殖機能障害

過剰症:比較的に体内に蓄積されにくく、通常の食事範囲内で過剰症はほとんど起こらない

関連問題1

関連問題2

関連問題3

最後に

今回は薬剤師国家試験対策として生物の範囲で使える脂溶性ビタミンのゴロと構造の覚え方をご紹介しました。

何か1つでも使えそうなゴロがありましたら幸いです。

あおい

薬剤師国家試験に向けて他のゴロが知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

» ゴロで覚える薬学

脂溶性ビタミン覚え方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

お気軽にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる